Category Archives: Uncategorized

精子量を増やすことの大切さ

皆さん精子量を気にしたことがありますでしょうか?精子の量は勃起においても非常に重要な要素の一つなんです。例えば10代の頃はムラムラと性欲が沸いてきて1日何回もオナニーをしてしまったなんてことあるかと思いますが、精子が多いからそんなことができるのです。 そもそも射精とは妊娠させるための行為ですね。精子が多ければ多いほど妊娠の確率は上がります。精子がパンパンに溜まっていたりするとムラムラするのは、今セックスすれば妊娠確率がした方がいい!と本能が告げているのです。10代後半が一番精子の生産量が多いですが、一番性欲が強い時期でもあるのはこうゆうわけなんですね。 先ほど精子が溜まっていればいるほどムラムラすると言いましたが、性欲が高まれば勃起の元のなるGMPも活発に動くために、勃起も強くなります。 【精子が溜まる⇒性欲が高まる⇒勃起が硬くなる】 という流れができるわけですね。射精後は精子が少なく、妊娠の確率も下がるため射精する必要がありません。なので勃起を鎮めるPDE5が発生し、勃起が収まります。ただこのときまだ精子がたくさん残っていれば、GMPがPDE5を上回り2回戦目ができるようになるわけです。だってまだ精子が残っているのであれば妊娠させられる確率もあるので、本能的に射精はした方がいいですよね。 でも年齢を重ねると精子が溜まってムラムラするなぁと思うことって少なくなりますよね。10代の頃は1日射精しないだけでもムラムラしましたが、1週間射精しなくともなんともないという具合に。実は射精を我慢すればするほど精子が溜まるわけではないんですね。 というのも精子は常に作り続けられますが、そのまま射精しなければ睾丸が破裂してしまうので精子は体内に徐々に吸収されてしまうのです。精子が溜まる量が増えれば増えるほど、吸収のスピードが速くなります。なのである一定量で生産のスピードと吸収のスピードが拮抗するのですが、そこがその人の精子を溜められる限界ということになります。 しかし10代の頃はものすごいスピードで精子が作られます。吸収が間に合わないため、ムラムラさせて射精を促すのですが、それでも射精しない場合は夢精で強制的に排出します。それくらい10代は精子を作るスピードが速いのです。だから性欲も半端ではなくなるわけです。 もし精力が落ちてきたなと思ったら、精子量を増やす努力をするのが有効です。精子を増やすためには亜鉛とアルギニンという2つの栄養素が非常に重要です。亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれるくらいですし、精液の8割はアルギニンが元になっているのです。この2つをしっかりとるためにはマカエンペラーをお勧めします。 マカには大量の亜鉛が含まれており、クラチャイダムには大量のアルギニンが含まれています。さらにシトルリンという勃起を助ける成分を配合されています。なので10代の頃のようなムラムラ・カチカチを取り戻したいならマカエンペラーがいいでしょう。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

どうすれば硬く勃起できるのか

勃起が満足に起こらない場合のほとんどはサイクリックGMPとPDE5のバランスに理由があると言われています。つまり硬い勃起をするためにはこのバランスをGMP有利にしなければならないのです。その一つの方法がバイアグラです。バイアグラはGMPを増やすのではなく、PDE5を抑えることによってGMP優位の状況を作り上げるものです。 それに特化した薬であるため、性的興奮が上昇するであるとか感度が増すということは一切なく、科学的に勃起を促すための薬です。GMPは性的興奮を覚えたときに体内で分泌される物質であるため、性的興奮がなければ勃起することはありません。バイアグラを飲むと問答無用に勃起すると考えられがちですが、GMPを増やす薬ではないので、性的興奮は別の問題となります。 基本的には即効性があり、劇薬の一つです。それゆえ副作用も存在するので、しっかりと留意したうえで服用してください。個人輸入によって手に入れることもできないことはありませんが、医師から処方してもらった方が安全でしょう。1錠1000~2000円で決して安くはありません。 バイアグラなどの薬以外でGMPを強化する方法があります。それがアルギニンとシトルリンというアミノ酸です。アルギニンは体内でシトルリンへと変わり、シトルリンは体内でアルギニンに変化しますが、その過程で一酸化窒素(NO)を生産します。この一酸化窒素はGMPを活性化させる働きがあるのです。 GMPは勃起を引き起こす張本人ですから、GMPが活発化すれば自ずと勃起は力強いものになります。アルギニンは肉類や根菜類に多くふくまれ、シトルリンはスイカなどの瓜に多く含まれます。この2つを凝縮したサプリがマカエンペラーです。 例えばセックスにおいて1回戦目は勃起できたのに、2回戦目になるとなかなか勃起できないということがありますよね?それはPDE5が優位に立ってしまっているからです。なので2回戦目もしっかりと勃起してできるようになるわけです。セックスで2回戦目をするコツでも取り上げられていますが、しっかりと勃起したいということであればマカエンペラーをお勧めします。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

なぜ勃起の硬さに違いがでるのか?

勃起の硬さは陰茎の大きさよりもはるかに重要です。しっかりと勃起して硬くならなければ、挿入がそもそもできなくなりますし、女性を満足させることもできなくなってしまいます。女性が陰茎にも止めるのは大きさよりも硬さだったりするのは、固い方が刺激になるからです。ふにゃふにゃでは膣の形に合わせて陰茎も変形するので、膣をこすられる感覚がなくなってしまいますからね。 その証拠に女性は指で膣内を刺激することで絶頂に達することができます。陰茎よりもはるかに短く細い指ですが、硬さがあるために刺激を与えることができるんです。カッチカチの勃起さえできれば、中指ほどの陰茎でも女性をイカせることは可能ということになります。 さらに男性側の快感もカッチカチ・パンパンに勃起していた方が増大します。膣の圧力が増すからですね。なので勃起の硬さというのは大きさよりもはるかに重要なわけなんです。 ですが年齢とともに勃起の硬さは落ちていきます。また外人の陰茎は大きいですが、意外と柔らかいですね。なぜこのような違いがでるのでしょうか?それは海綿体の密度、流れ込む血液、血液をふたをする機能の3つの要素が関係しています。 まず勃起とは陰茎に存在する海綿体という毛細血管の固まりのようなスポンジ状の組織に血液が流れ込むことで発生し、流れ込んだ血液をふたすることで陰茎を硬直させる生理現象です。 まず外国人が勃起状態でもカチカチにならないのは、陰茎の脂肪の量が多いからと言われています。勃起前でも陰茎が大きいのはこの脂肪によるもので、日本人は脂肪が少ないため大きくはないものの硬く勃起できると言われています。 さて次は年齢や疲れなどによって勃起の硬さに違いがでるのは、なぜかという疑問です。一つは海綿体に血液が流れ込みにくくなっているというもの、二つ目はは流れ込んだ血液にふたを上手くできていないというもの、3つ目サイクリックGMPとPDE5のバランスです。 まず血液が流れ込みにくくなってしまう理由は主に2つです。一つ目は血液がドロドロになってしまい、毛細血管などの細い血管にスムーズに血が流れ込まないという理由。血液がドロドロになる原因は様々ですが、一番有名なのはコレステロールによるものでしょう。血液がドロドロになると太い血管ではしっかり流れますが、細い血管では流れが詰まりやすいのです。 もう一つは血管が硬くなって縮んでしまっているということ。血管の硬化の原因はなかなか特定が難しいところですが、毛細血管などの細い血管がさらに縮んで細くなってしまえば血液は流れづらくなってしまいます。 次に陰茎に流れ込んだ血液にふたができないというもの。これは勃起がMAX状態までいけば、陰茎が大きくなって自然と静脈が圧迫される形となり、血液が溜まるようになります。つまり勃起が中途半端だと、それ以上硬くなることが望めません。 最後にサイクリックGMPととPDE5のバランスです。どちらも聞きなれない言葉かもしれません。まずサイクリックGMPは血管を拡張させる作用がある体内物質で、勃起の際には陰茎の血管を拡張させて血液を呼び込む働きがあり、勃起には必要な物質です。そしてPDE5はサイクリックGMPを分解する物質です。勃起が収まるのはPDE5が分泌されるためです。サイクリックGMPよりもPDE5の働きが優ってしまうと、上手く勃起できなくなってしまうのです。例えばバイアグラはPDE5の働きを抑えることで、勃起の手助けをしているのです。 このような理由から勃起の硬さには違いが現れてしまうのです。この中でも一番大きな理由はサイクリックGMPとPDE5バランスです。勃起が満足にできないと悩む場合は、かなりの確率でこのバランスが問題となります。

Posted in Uncategorized | Leave a comment