精子量を増やすことの大切さ

皆さん精子量を気にしたことがありますでしょうか?精子の量は勃起においても非常に重要な要素の一つなんです。例えば10代の頃はムラムラと性欲が沸いてきて1日何回もオナニーをしてしまったなんてことあるかと思いますが、精子が多いからそんなことができるのです。

そもそも射精とは妊娠させるための行為ですね。精子が多ければ多いほど妊娠の確率は上がります。精子がパンパンに溜まっていたりするとムラムラするのは、今セックスすれば妊娠確率がした方がいい!と本能が告げているのです。10代後半が一番精子の生産量が多いですが、一番性欲が強い時期でもあるのはこうゆうわけなんですね。

先ほど精子が溜まっていればいるほどムラムラすると言いましたが、性欲が高まれば勃起の元のなるGMPも活発に動くために、勃起も強くなります。

【精子が溜まる⇒性欲が高まる⇒勃起が硬くなる】

という流れができるわけですね。射精後は精子が少なく、妊娠の確率も下がるため射精する必要がありません。なので勃起を鎮めるPDE5が発生し、勃起が収まります。ただこのときまだ精子がたくさん残っていれば、GMPがPDE5を上回り2回戦目ができるようになるわけです。だってまだ精子が残っているのであれば妊娠させられる確率もあるので、本能的に射精はした方がいいですよね。

でも年齢を重ねると精子が溜まってムラムラするなぁと思うことって少なくなりますよね。10代の頃は1日射精しないだけでもムラムラしましたが、1週間射精しなくともなんともないという具合に。実は射精を我慢すればするほど精子が溜まるわけではないんですね。

というのも精子は常に作り続けられますが、そのまま射精しなければ睾丸が破裂してしまうので精子は体内に徐々に吸収されてしまうのです。精子が溜まる量が増えれば増えるほど、吸収のスピードが速くなります。なのである一定量で生産のスピードと吸収のスピードが拮抗するのですが、そこがその人の精子を溜められる限界ということになります。

しかし10代の頃はものすごいスピードで精子が作られます。吸収が間に合わないため、ムラムラさせて射精を促すのですが、それでも射精しない場合は夢精で強制的に排出します。それくらい10代は精子を作るスピードが速いのです。だから性欲も半端ではなくなるわけです。

もし精力が落ちてきたなと思ったら、精子量を増やす努力をするのが有効です。精子を増やすためには亜鉛とアルギニンという2つの栄養素が非常に重要です。亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれるくらいですし、精液の8割はアルギニンが元になっているのです。この2つをしっかりとるためにはマカエンペラーをお勧めします。

マカには大量の亜鉛が含まれており、クラチャイダムには大量のアルギニンが含まれています。さらにシトルリンという勃起を助ける成分を配合されています。なので10代の頃のようなムラムラ・カチカチを取り戻したいならマカエンペラーがいいでしょう。

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>